広い世界に目を向けよう

継続的に価値を創造する

おはようございます。担当:野中です。今日は午後から臨時休業を頂き、自分の時間を過ごすつもりです。

製作も少しあり見積り依頼もありますが、午前中にチャッチャっと済ませて「緊急ではないが重要な事」つまり、家族との時間、新しい世界を見ることに時間を使いたいと思います。

どんな商売も何れコモディティ化していきます。インターネットの普及でそのサイクルは早くなっています。だから、常に新しい価値を創造していかないと企業は生き残れません。

コモディティ化とは、誰が作っても同等品質の商品ができ、価格競争になり限界利益が限りなく下がっていくことです。

看板の様なオーダーメイド商品は、比較的コモディティ化しにくいので何とか成り立っていますが、大量生産できないので多くの時間を必要とします。

お客様個々のニーズに対応することは、大変ですが、お客様にオリジナル1個の商品価値を提供することはやりがいのある仕事です。

カルプ文字ならリアルサイン

デザインを考える時間、最適な価値を考える時間、一人ひとりのお客様の状況や求めるものを想像しながら日々仕事をしています。

独自性こそ真の価値

コモディティ化しない商品とは何か?

それは独自性のある商品です。では独自性はどうやって生まれるのか?

僕が思うには、同業者他社を見ないで広い世界に目を向ける事だと思います。カテゴリーの違う別の何かと組み合わせる事で新たな価値が生まれるのではないでしょうか?

広い世界に目を向ける。それこそ「緊急ではないが重要な事」です。ただ「反応」して生きていくのではなく、主体性をもって仕事にも人生にも取り組んでいきたいと思う今日このごろです。


ホームへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする